エスダブリュ防水 事業内容

事業内容

SW(エスダブリュ)では、大規模修繕における改修工事(下地補修・シーリング・ウレタン塗装防水・長尺シート防水等)を一手に引き受け業務を行っております。
 マンション等の大規模施設は鉄筋コンクリートでできており、風雨や経年により放っておくと劣化も進行していき気づいた時には高額な修繕代がかかることもあります。
 また劣化した状態を放置することでコンクリートの滑落などの大きな事故につながりかねません。
  SW(エスダブリュ)では建物のドクターとして定期的な調査・点検を行うことで劣化の進行を抑え快適な住まいを提供し、建物の資産価値向上に努めています。

下地補修工事

下地補修工事とは、マンション等の大規模施設に塗装・防水工事を施工するにあたり、その下地面を補修する工事のことを言います。躯体の劣化は主に鉄筋爆裂、クラック、モルタル浮き、段差等があります。これらの劣化を調査し補修していきます。この下地補修が改修工事においてもっとも重要な工事となります。

・調査
・欠損爆裂補修
・モルタル浮き補修
・クラック補修
・段差修正

シーリング工事

屋上、屋根・外壁等の外装隙間や窓とサッシ・サッシとガラス等建物のあらゆる隙間から雨水の侵入を防ぐ工事のことをいいます。また室内においてはキッチン・バス・洗面等水回り部分にシーリング工事を行い室内設備の劣化を防ぎます。建物を雨水や浸水による劣化から守るシーリング工事は、防水工事において必要不可欠です。SW(エスダブリュ)では、建物のあらゆる箇所の外装・内装のシーリング工事を行っています。

・外装シーリング工事
・内装シーリング工事



防水工事

防水工事は、風雨や日照の厳しい自然環境の中で建物を守るために必要な工事です。屋上・ベランダ・開放廊下等あらゆる箇所に施工されております。SW(エスダブリュ)では、それぞれの適材適所に応じ、ウレタン塗膜防水・長尺シート防水の施工を行っております。

・ウレタン塗膜防水
・長尺シート防水



松戸市防水工事SW(エスダブリュ)へのお問い合わせ
▲このページのTOPへ戻る